--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方のキャラクター紹介してみる

2009年06月08日 22:35

今日はメランコリーなテストの点数を突きつけられ、
鬱になったので気晴らしに東方のキャラ紹介をしてみようと思う。
そもそも東方って何って人は上海アリス幻樂団と調べてください。
ようは相手から放たれる弾を除けながら相手を倒していくゲームです。
そんな中でも各キャラクターに個性があるので自分の分かる範囲での紹介を・・・。
ちょうど友人から東方の紹介をしてくれと頼まれたところだったしいいかなと。

ただ、ここで考え所なのは、
「勝手に人様の画像をブログに載せてよいのやら・・・」
大抵貼るのであれば、その絵師に了解を取らないといけないのだが、
今回は携帯のいろんな掲示板を歩き回って得たものが大半を占めるのである。
なので絵師がわからないので了承が取れない。
かといって絵が無いと意味が無い。
なのでこうします。

絵の権利者様が
「掲載をやめてくれ!」
と来たら全画像を削除するという形にしたいと思います。



ってことでまずは1作目からといきたいところだが、
1作目から5作目までは旧作と呼ばれ、懐かしのPC-98シリーズのものとなる。
自分がこんなレアなものを持っているわけが無く、解説ができません。
なのでメジャーとなった6作目の東方紅魔郷
のキャラクターの解説をしようと思います。
(なお一応キャラの公平は配慮したつもりです。またサイズの違いは突っ込んだら負けです。)
(好きなキャラについては厳選しましたが、普通のキャラは画像がないのであるもので代用・・・)



まずは一面

DSC00342.jpg

ルーミア (妖怪)
確か闇を操るとか操らないとか。
ロリ・・・。(21)な人にそこそこの人気があります。
ちなみに安易に近づくと食われるので注意してください。



次は二面。ここには道中ボスと本ボスが分かれております。(どちらかといったらこのパターンのほうが多い)

DSC00340.jpg

大妖精 (妖精)
なに操るんだっけ・・・
弄られキャラ・・・かな。
よくこのブログを見ているY・Kが好きなのかもしれないという噂が・・・。


DSC00341.jpg

チルノ (妖精)
冷気を操る程度の能力
典型的なBAKA。⑨は公式設定。
ニコニコ動画でもよくネタにされる。
でもノーマルの弾は意外に初心者には難しいかも。




3面ボス

240_TH-Mini02.jpg

紅美鈴(ほん めいりん) (妖怪)
気を使う程度の能力(wiki参照)
紅魔館の門番(紅魔館については後ほど)。
でもよくサボる。胸が大きいことを他のキャラからよく妬まれる。




4面道中ボス、本ボス

DSC00345.jpg

小悪魔 (悪魔)
詳細設定無し
(というか公式絵すら無い。ちなみに大妖精も同じ)
弾幕を出すときのドット絵からこんな絵が出来てしまう奇跡
紅魔館の図書館の司書

DSC00343.jpg

パチュリー・ノーレッジ (魔女)
え~・・・と・・・、曜日を操る程度だっけ(汗)
(火水木金土日月を操る程度の能力)
紅魔館の図書館の主。ひきこもりの喘息持ち。
2次設定では自機キャラの魔理沙に好意を寄せている。




5面キャラ

image103.jpg

ー 十六夜咲夜(いざよい さくや) (人間) -
時間を操る程度の能力
これでも人間ですよ。
なのに時間止められて、ナイフ飛ばせて、ロリコン・・・。
ちなみに本当は無愛想。だがそこがいい。
あと胸に関することは一切語ってはならない。
なぜかって?
それはなぁ・・・、おっと。こんな時間に誰かやってk・・・、ピチューン。
あと犬咲夜としてかかれることが多い。もちろんありだな!




6面キャラ

DSC00344.jpg

レミリア・スカーレット (吸血鬼)
運命を操る程度の能力(wiki参照)
紅魔館の主。スカーレット姉妹の姉。
ヴァンパイアで咲夜の身元引受人。
カリスマなはずだが・・・




EXボス(エクストラボス)。要は最終ボス。詳しくはwikiへ。

DSC00346.jpg

フランドール・スカーレット
破壊する程度の能力だったような・・・。
少なからず幻想郷で最強じゃないかと思われる幼女。
自分を制御できないため495年も紅魔館に監禁されていた。
フランの曲であるU.N.オーエンは彼女なのか?は
ニコニコ動画で音マッドを流行らせたものと言っても過言ではないかもしれない。
(まぁそれ以前にも患部に(ryや魔理沙は大変(ryとかありましたね。)



とりあえず自機キャラを除けば東方紅魔郷で登場するキャラクターはこんなもんです。
ちゃんと公平に書いたつもりですが、個人的な感情が含まれている恐れがあります。
ご了承ください。
さて、次は東方妖々夢をやろうと思いますが、眠いので今回はこれくらいでおさらばします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maorail.blog96.fc2.com/tb.php/307-4cf494bf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。