FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧倒的成長の旅

2014年10月17日 00:14

どーも、みなさん。今日大学では研究室紹介が行われているそうです。

もうそんな時期ですか、早いものですよ、1年と言うのが。

私は暗いリビングで1人パソコンに向かって作業しています。

前置きはほどほどに、酒で潰れた翌日からのお話でもしますか。

体調がよくない私は早めに就寝して11日の朝6時に目覚めたわけですよ。

中間終わって久しぶりの休みとあればどこかへ出かけようかなという気分になる私。

わ鉄とか関鉄とかいろいろ考えてたのですが、秋の乗り放題パスを見つけると突如として日本地図が脳裏を過ぎり

9時に南越谷を出る武蔵野線に飛び乗った私。

秋の甲斐路を西へ進み、途中スーパーあずさにも乗りながら降り立った駅は岡谷。

今回の旅の始まりの駅である。

岡谷といえば中央線の中間駅であり、旧中央本線、現中央線辰野支線の乗換駅でもあります。

ここまで言えばピンと来る方も多いでしょう。

今回の旅の目的は飯田線完乗です。

ホントこのときは舐めてました、東海道線で東京と大阪を何度も行き来してたのでこれくらい余裕だろうと。

13時35分発の飯田行きでいよいよ戦いが始まったのだが。

岡谷から飯田で乗り換えて豊橋まで約7時間だったのですが、7時間と言うのは家から豊橋まで普段向かうのと同じ時間であるという事実に車内で気付くことになった。

外を眺めながら揺られること2時間ほどで飯田へと到着する。

20141013-1.jpg

ここで駒ヶ根始発の普通に乗り換えるのだが、ここからがとてもつらかった。

飯田から豊橋まで4時間かかるのである。写真の伊那路に乗ると2時間半。

どのみちここがどういう場所なのかについて再確認することができるものであった。

そんなこんなで16時19分発の豊橋行きに乗車した。

天竜峡あたりで乗客のほとんどが下車し、乗客は私1人となった。

でだ、飯田線といって思い浮かぶのが秘境駅の数々。

乗るだけといいながらもこの辺も多少楽しみにしていたのですが、この時期の夕方から夜にかけて通過したためあまり良く見えなかったのが残念ではある。

それでも有名な秘境駅として小和田の写真をぱちり

20141013-2.jpg

写真にあるとおり長野、愛知、静岡の三県の境界がすぐ傍にあるらしく、このような標識がありました。

で、夜になってしまったので写真を一切撮らないままさらに2時間半乗り続けてようやく終点の豊橋へと到着することに。

ここから米原行きの新快速に乗り込んで敦賀を目指していたのですが、敦賀周辺の安宿状況がとても芳しくないことが判明。

いや、米原から敦賀にかけての安宿については2012年末の関西遠征のときにもやばいとは思っていたのですが。

このままでは翌日疲れを抱えたままの旅が予想され、それはさすがにつらいからと大垣のネカフェで一泊することに。



翌朝、目が覚めると7時を過ぎていた。

スマフォのイヤホンのみ音が流れるアラームを使って起床を試みたのですが、どうやらイヤホンが外れていたらしく。

計画では大垣ダッシュでみなさん利用したことあるだろう5時56分発の普通列車に乗り、北陸を経由して帰ろうと。

一応2時間遅れのコースを辿ることもできたのですが、それだと本当に乗るだけで終わることが見えたので却下となった。

そこで普段通過するだけの名古屋含め東海区間を見ていこうと、上り新快速に乗り込んだ。

これなら豊橋で一泊してもよかったかな、などと考えながら外を眺めていると、尾張一宮で見たこと無い車両と遭遇。

ん?なんだこいつ、横からだと211っぽいケド色が明らか違う...

謎に思っていると新快速が走り始めたので、先頭を見てようやく認識することができた。キヤ95であると。

こんなネタに出会えるなんて思いもしなかったわ、これは撮るしかない、と久々の撮り鉄のスイッチが入った。

名古屋駅に着くとホームを移動してキヤ95の到着を待った。

20141013-3.jpg

ピントェ...

仕方ないね、久しぶりだったし(言い訳

その後もうろうろしながら撮影を続けた。

20141013-5.jpg

313系、ではなくキハ25である。来年度までに武豊線が電化すると高山本線へ転属らしいので今のうちに押さえておこうと。

30分ほど撮影すると名古屋駅で一旦下車して朝食をと。

名古屋と言えばモーニングでおなじみですが、今まで入ったことがなかったのでどんなものかと入ってみることに。

20141013-4.jpg

写真のとおり、パンとゆで卵食べ放題で490円でした。すげえって思いながらひたすら食べてました。

今後名古屋で朝を迎えることがあればまた利用したいですね。

朝食を終えると再び電車に揺られて一先ず豊橋へと。この途中安城あたりでキヤ95を追い越しました。

豊橋で下車したのですが、その目的が弐寺の行脚目的でして、、駅前にゲーセンがあったのでサクッと寄ってみたんですよ。

するとそのゲーセンのある商店街でなにやらお祭りっぽいことをしてるようなので少し観察してました。

お祭りといったら法被を着てる人を想像するかと思いますが、ここのお祭りは少し違いました。

痛車が止まっており、レイヤーが町を練り歩いている空間でした。

20141013-7.jpg

どうやら豊橋ぽぷかる歩行者天国なるイベントが行われていたらしいのですが、地元のアイドルステージが行われるとか。

なら見ていこうと待っていると20分ほどで開演したんですよ。

20141013-6.jpg

ろ         こ         ど         る


正確にはほの国ぐるめいど隊という東三河を盛り上げていくために結成されたユニットだそうです。

また後ろに描かれているのは穂の国娘という東三河の萌キャラらしいのですが、どうやらぐるめいど隊とは別?で声優が付いてるらしく、そちらの歌も披露された。

知多娘は知っていたのですが東三河も凄いですね、、、というか愛知が凄いのか??

埼玉も負けてられないですね!

ある程度見たところで私は離脱して電車に乗り込みました。

浜松から先は魔の区間なのですが、飯田線のお陰であっという間に感じられる不思議。まさに圧倒的成長っっっ!!

13時過ぎくらいに静岡に到着。普段なら熱海行きの普通に乗るのですが、このときは土砂崩れの影響で興津から由比までの区間が不通となっていた。

そこで一応念のためにと駅員に新幹線の振替を受けられるか確認したところそれは無理であるとあっさり切り捨てられた。

しかし興津からの代行バスには乗車できることが確認できた。

20141013-8.jpg

せっかく静岡で改札から外に出たことだし、と静岡鉄道に乗って清水まで乗りました。写真はないですが。。。

新清水から清水駅までの商店街がとても懐かしさを感じさせてくれるいい雰囲気の場所だったことだけ付け加えておきます。

清水に付くとちょうど興津行きの電車が来たのでそれに乗車してすぐに興津へと到着した。

ここから代行バスに乗るのだが、事前情報だとあまり本数がないみたいな話を聞いていてやばそうだなと感じていましたが、スムーズに乗車することができました。

また駅前には3台ほど準備されてました。

ここから由比を横目に見ながら蒲原までバスで移動となりました。

途中土砂崩れの区間も眺めることができましたが、大きな障害物に関してはどかされていた感じでした。

20分も掛からないくらいで蒲原駅へ到着して電車を調べたのですが、どうやら発車直後だったらしく、次の列車が40分後と言う...

仕方ないので駅の外をうろついてみたものの何もなく、駅前に留置されていたバスをひたすら撮影してました。

20141013-9.jpg

そんな感じで電車を待っているとまさかの373系が下ってくるのを目撃。

え、富士から由比までの折り返し運用に373系を使ってるなんてことあるわけがって思ってましたよ、ええ。

20141013-10.jpg

本当に走ってたんですよ、、、

土砂崩れによってワイドビューふじかわが運転見合わせていたので、走行距離の兼ね合いから動かしていたのですかね。

あとは富士で313に乗り換え、熱海で231に乗り換えるとあっという間に東京駅へと到着し、そのまま帰宅しました。

今年は東海道を各駅移動することが多いので大分慣れてきた感ありますね。新幹線乗ると身体がおかしくなりそうです。



この旅で久しぶりにカメラ熱が高まったので田園都市線の撮影に出かけてみたりしたんですよ。

準急が出来てから一度観にいこうと思っていたのですがなかなか機会がなかったもので。

20141013-11.jpg

ただ肝心の準急がLED切れまくりでいいものが無かったので、今回の改正で日中の出番が復活した○K車でもと。

次カメラを触るのはいつになることやら。

それでは今回はこれくらいに。みなさんごきげんよう~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maorail.blog96.fc2.com/tb.php/1044-df982fda
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。