FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・梅田駅のムズカシサ

2013年02月13日 23:08

どーも、みなさん。一眼の試運転に行ってきて改めてレンズがどれほどのものなのか理解してきた管理人です。

広角、とはこういうものなのかと。

それにしてもシャッターがおりるときの感触はデジカメになくいいものですよ。

早く慣れていろんなところへ撮影に出かけたいところです。

さて、そんなお話をしつつも旅行紀の続きを書いていきましょう。



4日目の朝は7時ころに宿を出ると大阪難波から阪神電車に乗り事前に調べた撮影地でちらほらと撮影を。

20121226-1.jpg

まあ30分くらいでしょうか、朝日の影によっていい感じに撮れなかったんですよね。

阪神の撮影を終えると直通特急に揺られて一路山陽電鉄の終着山陽姫路まで。

須磨浦公園や舞子公園付近の海と山に挟まれた区間を全力で疾走する姿は感動ものですね。

さて、そんな直通特急に1時間ちょっと揺られると姫路に到着となる。

姫路というと姫路城が有名ですが、私たちは姫路城とは違う方向へ。

20121226-3.jpg

姫路モノレール跡を見に来ました。

廃止されてからかなりの年月が経っているにもかかわらずここまで残っていることに驚きましたね。

写真のものは駅とマンションが一体となったものです。

こんなものを撮ると再び山陽電鉄に乗り、飾磨で山陽電鉄の支線に乗り換えます。

20121226-2.jpg

まああっさり終わったわけなんですがね。

こうして山陽電鉄も完乗となりました。

網干から飾磨へと戻り、やってきた山陽特急で一路神戸市内まで戻ります。

新開地で下車すると地下街にあるお店でランチを食べ、再び移動を開始。

今度乗るのは神戸電鉄。

20121229-3.jpg

路線網、種別の種類の豊富さのわりに神戸電鉄は中小私鉄というのがびっくりでならないのですが。

急行に揺られて一路粟生まで向かいます。

山間部を縫うように走り、1時間半ほどかけて粟生に到着。

ここから北条鉄道に乗り換えます。

なお北条鉄道はスルッと関西では乗れないため、切符を用意して乗車しました。

20分ほど長閑な風景を眺めると終点の北条町に到着します。

20121226-4_20130213183246.jpg
20121226-4.jpg

遊びに来た、というよりも粟生の先に続く路線があったから乗りに来た、というだけだったので…

折り返しの列車で粟生へと戻り、再び神戸電鉄に乗り鈴蘭台まで戻ります。

鈴蘭台から今度は有馬線に乗り、そのまま三田方面へと。

まあ沿線は(ry

特にすることもなく延々と続く風景を眺めていると三田に到着した。

20121226-5.jpg

そしてここから時刻表で昔から気になっていたカタカナ駅へと向かう列車に乗ります。

乗車時間は10分ほどでしょうか。

20121226-7.jpg

ウッディタウン中央というこのネーミングセンス。

まあ越谷レイクタウン駅を抱える越谷民が何か言えるわけでもないですがw

一先ず公園都市線の制覇も終わると残る路線は一区間。

有馬まで戻り、有馬温泉行きの電車に乗り込んだ。

カーブやトンネルを抜けると温泉街であった。

20121226-10.jpg

こうして神戸電鉄も完乗となりました。

ここを最後にしたのはもちろん温泉に浸かりたいというごみちゃんの意向があったためであり

20121226-9.jpg

この日は金の湯に浸かることになった。

私の旅行で珍しく観光しただなんて(ry

2時間ほどダラダラと浸かり、温まったところで再び電車に乗り宿へと帰ります。

帰り道では谷上から北神急行電鉄に乗り、あっという間に三宮へと戻りました。

三宮から阪急に乗り梅田へと戻り、西梅田から四つ橋線、大国町で御堂筋線に乗り換え新今宮へと戻り宿へと帰りましたとさ。

5日目の記事は明日か明後日にでも書けそうなら書きます~

というかいい加減書かないと…

京阪ヲタの友人から非難轟々なのでね…

それでは今日はこれくらいに。

みなさんごきげんよう~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maorail.blog96.fc2.com/tb.php/1034-90a59378
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。