FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪、無音、待合室にて

2013年01月05日 13:12

どーも、みなさん。部屋がいい加減寒いです。

こたつだけじゃ足りない…

まあいいです。

さあ楽しかった()2日目の話を書いていきますよ~

20121224-1.jpg

長浜駅6時23分発の電車に乗るべくネカフェを5時半に出発した。

会計を済ませて外を見た瞬間俺がフリーズした。

前日夜と風景がまるで違うのだ、そう、真っ白に。

何がどうなってるのか理解できなかったが、荷物を抱えて歩き始めた私。

まぁにしても積雪10cmくらいはありました、そして振り続ける雪。

当然徒歩速度が落ちるのだが電車に間に合わせるためにも、と全力で歩き続けた。

靴も靴下もびしょびしょになりつつ長浜駅へとなんとか歩き通し、改札を通ってホームへとたどり着いた。

まぁいい、乗れればいいのだよ、そう思ってたまではよかった。

待合室でツイッターを見てると北陸本線が人身事故で運転見合わせと流れてきた。

いつのニュースだよ、これ、駅じゃアナウンスしてねえよwwwと打とうとした矢先にアナウンスが流れた。

朝6時過ぎに人身事故で米原~敦賀で運転見合わせ、と。



……

えっ

長浜という折り返し可能な駅にもかかわらず米原から敦賀まで全線ストップという恐ろしいことが起こった。

長浜~米原でも動いてるのなら別のルートで乗鉄しようと考えていたのだが、これでは手も足も出ない。

待合室で凍りつく私。

ダラダラと待つこと1時間、7時半前にようやく電車がやってきたので、予定通りのルートをたどることに。

銀世界を疾走し、近江塩津をすぎて敦賀までやってきた。

ここから小浜線に乗る予定だったのだが当然接続の列車は行ってしまっていた。

いや、接続はあったのだが、途中駅の小浜止まりということで、諦めて敦賀の待合室にこもることにした。

2時間半近く。

その間私はというとタブレットに入れてきたあの花を見ていたとか気の所為。

やっと物語の全貌が見えてきた感じ、というところで時間が来たのでホームへと戻り、小浜線へと。

お初な125系に揺られて一面銀世界な若狭湾を進みます。

にしても125系って雪が降りしきる中でも安定した加減速を行なっていたのには驚かされましたね。

0.5M方式の車両は空転しやすいと聞いていたのですがね、225系とか225系とか225系とか(ry

って思ってウィキペディアを見ていたら小浜線内では起動加速度が1.2km/h/sというのを見つけて、はい

そりゃ空転しねえわな…

さて、小浜で大量の高校生を乗せると原発マネーで潤う街のハコモノを横目にしつつ東舞鶴へとたどり着きました。

ここでの乗り換えは223系でした。

20121224-2.jpg

東舞鶴からは路線名を舞鶴線に変えて一路山陰路へと向かいます。

にしても舞鶴線は単線の割にきついダイヤ組んでるなぁ、とか考えていたらあっという間に綾部へと到着した。

ここで2分の接続でやってくる183系を撮るべくホームをダッシュ。

20121224-3.jpg

今度のダイヤ改正で183系は撤退とアナウンスされているので撮れたのはよかった。

これを撮ると後続の普通列車で園部まで向かった。

園部からは快速に乗り京都まで乗り通した。

当初の予定だと、綾部から福知山・JR東西・片町・奈良線と経由する予定だったのですが、待ち合わせに間に合わなくなるのはさすがによろしくないと予定を大幅に変更することになりました。

ルートを変えても到着時間が大して変わらないという笑えない状況でしたが、まぁ仕方ない。

京都に16時前に着き、少し時間があるなとのんびり撮影していた。

20121224-4.jpg
20121224-5.jpg

いやーいいね~関東じゃ見れないこいつらとか()

こんなのを撮ってからイオンモール京都へ向かい、そこのポポンデッタで神にいさまと待ち合わせ。

その後模型を軽く1時間ほど走らせてからあっちへこっちへとウロウロしつつもにいさまの家で2日目は終わりましたとさ。

3日目は夜にかけたら書きますよ~

それではみなさんごきげんよう~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maorail.blog96.fc2.com/tb.php/1032-b82604c7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。