FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の甲斐路

2013年01月05日 11:42

どーも、みなさん。気づけば2012年も終わり、2013年となっていました。

改めて、みなさまあけましておめでとうございます。

昨年は更新回数がめっきり減ってしまい申し訳ございません。

私自身更新回数を増やしたいのですがネタがないものでして、はい。

というか誕生日にも更新しようと思っていたのですが、年末の振り返り記事も…

何もかも放置気味でしたがこれもバイトが忙しかったから仕方ない、、、

とまぁそんなわけで、去る2012年12月23日から28日に掛けて関西旅行へと行ってきました。

5泊6日と長期の日程だったので今回も1日ずつ記事にしていこうとおもいます。


そんな旅行の初日は安定の始発列車から始まった。

新越谷で武蔵野線に乗り換え、西国分寺から中央線に乗り換えて立川へと。

ここから115系に揺られてまずは甲府へと。

八王子から先は未乗区間であったのですが、あいにくの雲隠れ状態で((

そんなこんなで甲府で乗り換えてさらに西へと。

新宿を7時に出た特急に追い越されてげんなりしつつも塩尻へと。

ここで5分ほどの接続で名古屋方への普通列車の乗り換えを行い、立川から6時間掛けて中津川へと到着した。

ここでの乗り換え時間にしなのを撮影。

20121223-1.jpg

そしてこのあとの快速に乗り込んで出発した矢先、事件が発覚する。

着替えなどを仕込んだキャリーバッグがない()

思い起こすと中津川まで乗ってきた電車内に置き忘れたことに気付き、おとなりの駅で電車を降りて再び中津川へと。

駅員に聞いてみると無事届いていたので荷物を受け取り再び旅行を再開。

予定より1時間遅れとなってしまったため、当初乗る予定だった草津線を諦め関が原越えルートで向かうことに。

だがそのまま東海道で下るのも味気ない、ということで金山で下車した私は…

20121223-2.jpg

名鉄に乗ってみました。

お金無いくせに最初から予定外のお金を使うとか…()

金山から名鉄一宮まで、名鉄乗車は今回がお初だったので何から何まで新鮮で。

名鉄名古屋のキチガイさや西枇杷島のデルタ地帯などなど楽しませてもらいました。

そんな感じで一宮に到着するとお隣のホームに居るJRへと再び乗車。

快速に揺られて大垣まで出るとアナウンスで美濃赤坂方面の接続がいいことがわかる。

時刻表をめくると折り返してきたあとの電車でも乗り継ぎに支障ないことが判明。

そこで大垣の切り欠きホームに停まる313系に乗り込み、東海道本線の支線へと足を踏み入れた。

10分かからないで終点の美濃赤坂に到着となった。

20121223-3.jpg

東海道本線は残すところ(通称)新垂井線区間のみ

まぁあの区間を乗るには特急乗車が必須なので次に乗る際は通ってみたい区間ですね。

さて、そんな感じで大垣へと戻ってから関が原を越えて米原へとやってきた。

接続は目の前にいた223系の新快速。

快適な車両に心を踊らしつつも山科で下車。

ここから湖西線に乗るべく乗り換えた。

まぁ京都まで出てもよかったのですが、大きな荷物抱えて京都の乗り換えは避けたかったので。

山科からまずは普通列車に乗車。堅田から後続の快速に揺られて湖西線の終点である近江塩津へと。

その後北陸本線に乗り換えてひとまず米原へと戻り、琵琶湖一周したところで長浜で下車となった。

駅から30分歩いたところにあるネットカフェにて1日目は終了となった。

今思うとこのまま敦賀まで出ておけばよかったな、というのは翌日思ったこと。

2日目の記事に続きます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maorail.blog96.fc2.com/tb.php/1031-4c8bafcd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。